画像の説明


空のすみゆき 鳥のとび 山の柿の実 野のたり穂 それにもまして あさあさの つめたき霧に肌ふれよ 頬(ほほ) 胸 せなか わきまでも (中野重治詩集「十月」)


青年の頃、作家の大江健三郎を愛読していた。その全集の巻頭写真の裏に中野重治の「十月」の詩が大江によって手書きされていた。向こう見ずでまっすぐ。傷つきやすく、”生き下手”な当時の自分に、この詩は心に沁みて奥にしまい込まれた。こんな風に受け止めてただ生きればいいんだ!それから幾時代か過ぎて、今まためぐる10月。思わず笑っちゃう、高齢者の”脳トレ川柳”に背中を押されて秋の風の中を出発進行!


歩けてる つまずきながら 世の中を    鹿丸(73歳)


よたよたと 切ったテープが 百本目    ダジー(100歳)


ストレスの 主がストレス ないと言う   大昔乙女(76歳)


我身ほめ 前進あるのみ 八十路行く     スーさん(82歳)


「生きてるか」 田んぼのカエル 聞いてくる    佐賀の風(73歳)    


ただ前を向いていれば「前向き」じゃあない、しっかりと顔を上げて前を見つめる。肌で、体で風を感じて波を受け止めて、波の彼方を見つめる。そうすれば途方もない大波が来てもヨイショ~!と越えていける。イヤ、越えられなくても「オ~イ、大波来るぞ~!」と教えてやれる。災厄に”一矢(いっし)報いる!”。どうせこっちは、”苦節10年”どころじゃアない!”屈折20年”だ~ア!


分らんが 「おっしゃる通り」と言っておく    竹之内恵美子(74歳)


素うどんに 決めているのに メニュー見る    奥田よし(73歳)


日記には 記さず心に 書く日あり        村田 鮎子(77歳)
 
 

聞く耳を 持つが解釈 自分流          小春日和(78歳)

要するに 雨が降るのか 降らぬのか    土谷 誠之(85歳)

”照り降り”を予想する天気予報。それが当たり外れは当たり前。今年のように梅雨がたちまち明けたと思ったら、二回目の梅雨だって。そして炎天燃える夏の猛暑が続きました。このHPもトップページを更新するいとまなく10月の到来です。年を重ねても落ち込まず、ふさぎ込まず、後ろ向きにならない!心の中の”言葉”を磨き続けて、周囲に優しく、温かな言葉をかけていきましょう!言葉を研ぎすますと、グサッと周囲を傷つける。高齢者の”言語傷害罪!”。


眠れない 言うなよ日中 寝すぎだよ       宍戸 洋子(81歳)


刺激より タマネギ高値 涙出る         糸切れ凧(76歳)


期待値を 修正しつつ 夫婦仲          ぽんぽん山(84歳)




画像の説明



街頭紙芝居”鷲塚コレクション”が「横浜市有形民俗文化財」に指定。時代を越えて大切に継承させていただきます!

画像の説明

横浜歴史博物館には”横浜最後の街頭紙芝居師”といわれた故・鷲塚隆さんが寄贈された”街頭紙芝居”253巻と”自転車舞台他”の貴重な資料が市民の財産として、保存されています。それらが平成27年11月13日、横浜市有形文化財に指定されました。全国でも数少ない紙芝居遺産の快挙です。加えて、貴重な紙芝居のレプリカを作り市民に公開・上演することで保存している施設はこの横浜以外にないと伺います。関係者の皆様の尽力に心から感謝いいたします。鷲塚さんから「金儲けに使ってはいけないよ」「世のために人のために使って」と電話で、私の紙芝居利用を許諾していただいた時のことは、忘れられません。感謝で、感謝で次代の横浜市民に継承させていただきます。



画像の説明

         


トップの記事をスクロールしてご覧ください!




 紙芝居なつかし亭の世界へご案内


なつかしい時代の風をお届け

 
今から半世紀以上も前”昭和”の時代。お金やモノは豊かではなかったけれど、こころはいつも、あたたかった。そんな時に子ども達の歓声に混じって聞こえてくる拍子木の音。カチ、カチ、カチーン・・。街頭紙芝居のオジサンのあの声、あの紙芝居。さあ、なつかしい紙芝居の世界にご案内します



夕焼け.jpg

    夢は壊れて 夢と知り

 
    愛は破れて 愛と知り

 
    時は流れて 時と知り

 
    友は別れて 友と知り

           阿久 悠



なつかし亭HPが全国の「QHM100選」に登録!! 

 全国のQHMソフトで制作したホームページの中から100本のHPを選定した「QHM100選」に平成23年8月16日に、なつかし亭のHPが登録されました。評価・選定してサイトに掲載し、その後の管理をされているのは「千葉県柏市藤心(ふじこころ)パソコン倶楽部」(http://fujigopc.chu.jp)代表森崎さん。いち早くQHMの操作性と手軽さに注目して全国に普及するため「パソコン倶楽部」のネットワークを組織して、地域はもとより多様な分野でHP制作の支援を行っています。「QHM100選」もそのボランタリーな活動のひとつ。なつかし亭も森崎先生から多くのご指導をいただきました。すでに掲載されている先輩のHPに比較するとスタートしてまだ3カ月の、なつかし亭HPは多くの欠点が目立ちます。森崎代表の励ましと今後の期待を込めての今回の登録と考え、これからもHP作りに精進します。大変ありがとうございました。(平成23年8月24日)


なつかし亭紙芝居巡業日記

平成25年12月15日から「巡業日記ブログ」にアクセスカウンターが付きました。開始から半年後のカウントスタートです!!トップページのアクセス数以外に直接、巡業日記だけを見てくださる方のカウントです。ありがとうございます!