画像の説明

世の中は 三日見ぬ間に桜かな   蓼太


日本列島をたちまち桜が駆け抜け始めました。嬉しさと、待ちに待っていたプレゼントをいただいてしまった後の、少しの寂しさが残ります。桜と言えば、今から6年前の春に自宅療養していた家族のことを思い出します。その子は前年夏から体調を崩して半年でした。巡りくる喜びの桜の季節が私には辛かった。毎朝、JR鶴見駅の近傍「潮見橋」を車で通るたびに「この子が元気で生きていてくれたら、それだけでよい」と思いました。桜の花のように一年に一度出会える、それでもよいと。そして昨日も「潮見橋」を通りました。今ではその子は回復し、よき伴侶と出会い母となり時が移りますが、私の思いは当時のままです。鶴見川の春の陽光に輝く水面をみると涙が溢れます。感謝の涙・・・。

 


   朝ざくら 白々水にうつりけり     北村 軒市


   一瞬の生命いとほし 桜咲く      碓氷 すすみ


     
   夫ありてこそ 朝桜夕ざくら       大原 良江


   子は母に 今日を語りぬ夕ざくら    岩松 草泊
  

 

以前、退職辞令交付の会場で市長代理のオオバ助役の挨拶がありました。松尾芭蕉の句”さまざまなこと思い出す桜かな”を引いて、第二の人生のはなむけの言葉としたのです。かたわらの同期のツクダ君が言いました。「あの句は芭蕉が亡き恩人を偲んで詠んだ句」「はなむけの句ではないのだよ」。彼は、茶道の家元であり大学の講師も務める本当の文化人。でも私はこの句を喜びにつけ、悲しいにつけ愛吟しています。悲しみも、苦しみもその薄紙を透かして喜びが見える時があります。歳を重ねたせいではないと思うのですが、冬の風にも夏の炎暑にも、”まあいいか”という心のゆとり。それが、喜びの芽、よろこびの種のように思えるのです。


   少しづつ少しづつ花 老桜       吉岡 恵信


   黒髪のころ懐かしや 桜咲く      近藤 松子


   職退けば 故郷のやま芽吹きをり    斉藤 升八


  

友人のツクダ君。彼が今から20年以上前に苦心惨憺して入手した街頭紙芝居が中央図書館地下書庫に眠っていました。そして、その2千余巻は2016年に正式に横浜歴史博物館に移管されて活用されています。豪放で磊落、大胆で緻密、日本の伝統文化の継承者であり伝道者。そんな彼のおかげで故・鷲塚コレクションに続いて横浜市民へ時代を越えた”街頭紙芝居”の伝承がスタートしています。日本を上空1万メートルから俯瞰しているような彼の眼には、爛漫の桜はどのように映るのでしょうか。


   山又山 山桜又山桜           阿波野 青畝


   山桜雪嶺天に 声もなし         水原 秋櫻子


   海の中に桜さいたる 日本かな      松根 東洋城



画像の説明



街頭紙芝居”鷲塚コレクション”が「横浜市有形民俗文化財」に指定。時代を越えて大切に継承させていただきます!

画像の説明

横浜歴史博物館には”横浜最後の街頭紙芝居師”といわれた故・鷲塚隆さんが寄贈された”街頭紙芝居”253巻と”自転車舞台他”の貴重な資料が市民の財産として、保存されています。それらが平成27年11月13日、横浜市有形文化財に指定されました。全国でも数少ない紙芝居遺産の快挙です。加えて、貴重な紙芝居のレプリカを作り市民に公開・上演することで保存している施設はこの横浜以外にないと伺います。関係者の皆様の尽力に心から感謝いいたします。鷲塚さんから「金儲けに使ってはいけないよ」「世のために人のために使って」と電話で、私の紙芝居利用を許諾していただいた時のことは、忘れられません。感謝で、感謝で次代の横浜市民に継承させていただきます。



画像の説明

         


トップの記事をスクロールしてご覧ください!




 紙芝居なつかし亭の世界へご案内


なつかしい時代の風をお届け

 
今から半世紀以上も前”昭和”の時代。お金やモノは豊かではなかったけれど、こころはいつも、あたたかった。そんな時に子ども達の歓声に混じって聞こえてくる拍子木の音。カチ、カチ、カチーン・・。街頭紙芝居のオジサンのあの声、あの紙芝居。さあ、なつかしい紙芝居の世界にご案内します



夕焼け.jpg

    夢は壊れて 夢と知り

 
    愛は破れて 愛と知り

 
    時は流れて 時と知り

 
    友は別れて 友と知り

           阿久 悠



なつかし亭HPが全国の「QHM100選」に登録!! 

 全国のQHMソフトで制作したホームページの中から100本のHPを選定した「QHM100選」に平成23年8月16日に、なつかし亭のHPが登録されました。評価・選定してサイトに掲載し、その後の管理をされているのは「千葉県柏市藤心(ふじこころ)パソコン倶楽部」(http://fujigopc.chu.jp)代表森崎さん。いち早くQHMの操作性と手軽さに注目して全国に普及するため「パソコン倶楽部」のネットワークを組織して、地域はもとより多様な分野でHP制作の支援を行っています。「QHM100選」もそのボランタリーな活動のひとつ。なつかし亭も森崎先生から多くのご指導をいただきました。すでに掲載されている先輩のHPに比較するとスタートしてまだ3カ月の、なつかし亭HPは多くの欠点が目立ちます。森崎代表の励ましと今後の期待を込めての今回の登録と考え、これからもHP作りに精進します。大変ありがとうございました。(平成23年8月24日)


なつかし亭紙芝居巡業日記

平成25年12月15日から「巡業日記ブログ」にアクセスカウンターが付きました。開始から半年後のカウントスタートです!!トップページのアクセス数以外に直接、巡業日記だけを見てくださる方のカウントです。ありがとうございます!