画像の説明


ひまわりや 楽天家族の ように咲く     高橋 美智子 


桜の季節がアッ、というまに流れ過ぎ梅雨に入り夏がめぐります。この春は親しかった伯父を見送りました。時が止まったように夏を迎えました。伯父は戦後間もなくNHKに勤務してテレビ放送の創成期からその爛熟期を報道カメラマンとして第一線で過ごしました。看板番組の「新日本紀行」「現代の映像」の撮影をはじめ各地の戦場や南米ペルー、南極まで足を延ばし報道関係者として初めて越冬隊員と過酷な南極の冬も経験しました。「現代の映像」の第一作は凍りつく厳寒の北洋で海難事故の取材映像でした。甲板を洗う波、傾斜を増す船体、その沈みゆく船から救助の巡視船を撮影する決死の映像は世間の度肝を抜きました。多くの賛嘆の声と高い評価。しかし撮影者の名前が表に出ることはありませんでした。



   世を隔て 人を隔てて 梅雨に入る      高野 素十



   梅雨に入る はるかなる世を 見詰めつつ   野見山 朱鳥



   向日葵の 千の笑顔に 笑み返す       山川 幸子



    ひまわりの 最敬礼で 夏が行き        秋山 敞子


 

暑き日を 海に入れたり 最上川       芭蕉

「現代の映像」第一作が放映されて1週間、事態は変化しました。当時の”毎日新聞夕刊コラム”はこう主張します。この番組”還らぬ海”を「テレビ記録映画の傑作」と絶賛して「NHKはこのフィルムの放送にあたって、なぜかカメラマンの名前を画面に出さなかった。」「こうした場合、スタッフの名前を当然明記すべきではないだろうか。…このカメラマンの名は・・」と紙面に伯父のフルネームを掲載しました。今から半世紀前の昭和39年4月15日の新聞記事です。伯父の逝去後に個室の引き出しから記事の切り抜きを見つけて、さまざまな思いを巡らしました。


     めし食うて 涙とまらぬ 夏ありし     やしま季晴


     炎天下 一歩踏み出す 勇気かな       武内 久子


暑さ、寒さを感じるように喜怒哀楽の浮き沈み。私たちは”生老病死”の中に日々を生きます。でもふと、地球が夜をめぐって朝を迎えることは偶然ではなく、素晴らしいことだ、と気が付いてみると何かがきっと違います。この人生何十年分の夜をくぐった朝だ!とすがすがしさが身に沁みてくるのです。ひるまず、たじろがず、明るく。フツフツと心が湧いてきます。いくつになっても、たとえ歳を重ねても凛々しく、すっくと立って前に進んでいきます、と自身に語りかけます。


      少年の 陽のにほひして 夏に入る     土師 のり子


      六十年目の 夏来たる 君は少女のまま   中村 重義


      五臓六腑 じゃんじゃん つかひきって夏  樋日 一破


 



  

画像の説明



街頭紙芝居”鷲塚コレクション”が「横浜市有形民俗文化財」に指定。時代を越えて大切に継承させていただきます!

画像の説明

横浜歴史博物館には”横浜最後の街頭紙芝居師”といわれた故・鷲塚隆さんが寄贈された”街頭紙芝居”253巻と”自転車舞台他”の貴重な資料が市民の財産として、保存されています。それらが平成27年11月13日、横浜市有形文化財に指定されました。全国でも数少ない紙芝居遺産の快挙です。加えて、貴重な紙芝居のレプリカを作り市民に公開・上演することで保存している施設はこの横浜以外にないと伺います。関係者の皆様の尽力に心から感謝いいたします。鷲塚さんから「金儲けに使ってはいけないよ」「世のために人のために使って」と電話で、私の紙芝居利用を許諾していただいた時のことは、忘れられません。感謝で、感謝で次代の横浜市民に継承させていただきます。



画像の説明

         


トップの記事をスクロールしてご覧ください!




 紙芝居なつかし亭の世界へご案内


なつかしい時代の風をお届け

 
今から半世紀以上も前”昭和”の時代。お金やモノは豊かではなかったけれど、こころはいつも、あたたかった。そんな時に子ども達の歓声に混じって聞こえてくる拍子木の音。カチ、カチ、カチーン・・。街頭紙芝居のオジサンのあの声、あの紙芝居。さあ、なつかしい紙芝居の世界にご案内します



夕焼け.jpg

    夢は壊れて 夢と知り

 
    愛は破れて 愛と知り

 
    時は流れて 時と知り

 
    友は別れて 友と知り

           阿久 悠



なつかし亭HPが全国の「QHM100選」に登録!! 

 全国のQHMソフトで制作したホームページの中から100本のHPを選定した「QHM100選」に平成23年8月16日に、なつかし亭のHPが登録されました。評価・選定してサイトに掲載し、その後の管理をされているのは「千葉県柏市藤心(ふじこころ)パソコン倶楽部」(http://fujigopc.chu.jp)代表森崎さん。いち早くQHMの操作性と手軽さに注目して全国に普及するため「パソコン倶楽部」のネットワークを組織して、地域はもとより多様な分野でHP制作の支援を行っています。「QHM100選」もそのボランタリーな活動のひとつ。なつかし亭も森崎先生から多くのご指導をいただきました。すでに掲載されている先輩のHPに比較するとスタートしてまだ3カ月の、なつかし亭HPは多くの欠点が目立ちます。森崎代表の励ましと今後の期待を込めての今回の登録と考え、これからもHP作りに精進します。大変ありがとうございました。(平成23年8月24日)


なつかし亭紙芝居巡業日記

平成25年12月15日から「巡業日記ブログ」にアクセスカウンターが付きました。開始から半年後のカウントスタートです!!トップページのアクセス数以外に直接、巡業日記だけを見てくださる方のカウントです。ありがとうございます!