画像の説明


海越しに 富士を浮かべて 秋の空       藤田 つとむ 


いつのまにか季節が移ります。秋の風が吹き抜けます。季節は、”まるごと全とっかえ”ではなく少しづつ控えめに、でもしっかりと風と空気と光を秋に切り替えてくれます。街に出て不思議とすれ違う人の中に、思い出の方々に似た面差しの人に出会うのも秋です。振り返ればつい昨日までお世話になった大切な方々。ひそかに師と思い尊敬し、私淑した教育紙芝居の金字塔”右手和子先生 ”。街頭紙芝居の大先達、私を「子どもの文化研究所」にご紹介して下さった”一代の名優”梅田佳声先生。そして”横浜最後の街頭紙芝居師”、師匠の鷲塚隆・・・。時がめぐり、時代が変わっても私の心の中に生きている方々。鷲塚師匠の七回忌の10月、ひときわ思いを深くしています。


   門を出て 故人に逢ひぬ 秋の暮      蕪  村


   前を行く 人に覚えや  秋の暮      大橋 敦子


    ふりむきもせぬ子 見送り 秋の暮     島田 青子


    めくるめく 自分史重ね 星月夜      高木 祥恵 
 

 

8年前の春、一人で台北市陽明山の認知症高齢者施設に紙芝居を持参して訪問しました。現地の多くの方に応援していただき、初めての海外巡業ができました。それから台湾への旅を重ねています。この秋にも台北市を訪問。その時の現地の新聞”自由時報(2018.10.21)”に「台湾の高齢者24万人が老人が老人を介護する”老々介護”の状況」と報じていました。まだ2300万人の国民の1%です。でも若い国である台湾でも高齢化の波が寄せていることに驚きました。”コミュニケーション・ツールとしての紙芝居”その効用を台湾に伝えたいです。公正で自由と人権が尊重され、人としての礼節や思いやりに満ちた人々。紙芝居のやさしく強いメッセージ力を伝えたいと願う秋です。


    わが中に 道ありてゆく 秋の暮       野見山 朱鳥


   吾にもありし 制服の日々 鰯(いわし)雲   大橋 敦子


   団栗(どんぐり)の寝んねんころり ころりかな   一 茶


   団栗(どんぐり)も 美人不美人 ありにけり   高忠 小

  

秋は冬に向けて、よきエネルギーを蓄積する時期です。気力も、体力も、夢も希望も口から飛び出るほどに、詰め込みたいです。いよいよ冬に向かいます。これまでに巡り遇った多くの方々そして、時代を越えて消えていった多くの関係者、お客様、先達たちに感謝を込めて時は秋!街頭紙芝居が始まります!


   秋の夜の 海かき回し 出帆す        西東 三鬼


    爽(さわ)やかに 大道芸の 気合かな     大高 霧海


    宇宙への ツアーの夢を 星月夜      中島 美津子


    天高く 往くべき途を いざ往かん     景山 筍吉


画像の説明



街頭紙芝居”鷲塚コレクション”が「横浜市有形民俗文化財」に指定。時代を越えて大切に継承させていただきます!

画像の説明

横浜歴史博物館には”横浜最後の街頭紙芝居師”といわれた故・鷲塚隆さんが寄贈された”街頭紙芝居”253巻と”自転車舞台他”の貴重な資料が市民の財産として、保存されています。それらが平成27年11月13日、横浜市有形文化財に指定されました。全国でも数少ない紙芝居遺産の快挙です。加えて、貴重な紙芝居のレプリカを作り市民に公開・上演することで保存している施設はこの横浜以外にないと伺います。関係者の皆様の尽力に心から感謝いいたします。鷲塚さんから「金儲けに使ってはいけないよ」「世のために人のために使って」と電話で、私の紙芝居利用を許諾していただいた時のことは、忘れられません。感謝で、感謝で次代の横浜市民に継承させていただきます。



画像の説明

         


トップの記事をスクロールしてご覧ください!




 紙芝居なつかし亭の世界へご案内


なつかしい時代の風をお届け

 
今から半世紀以上も前”昭和”の時代。お金やモノは豊かではなかったけれど、こころはいつも、あたたかった。そんな時に子ども達の歓声に混じって聞こえてくる拍子木の音。カチ、カチ、カチーン・・。街頭紙芝居のオジサンのあの声、あの紙芝居。さあ、なつかしい紙芝居の世界にご案内します



夕焼け.jpg

    夢は壊れて 夢と知り

 
    愛は破れて 愛と知り

 
    時は流れて 時と知り

 
    友は別れて 友と知り

           阿久 悠



なつかし亭HPが全国の「QHM100選」に登録!! 

 全国のQHMソフトで制作したホームページの中から100本のHPを選定した「QHM100選」に平成23年8月16日に、なつかし亭のHPが登録されました。評価・選定してサイトに掲載し、その後の管理をされているのは「千葉県柏市藤心(ふじこころ)パソコン倶楽部」(http://fujigopc.chu.jp)代表森崎さん。いち早くQHMの操作性と手軽さに注目して全国に普及するため「パソコン倶楽部」のネットワークを組織して、地域はもとより多様な分野でHP制作の支援を行っています。「QHM100選」もそのボランタリーな活動のひとつ。なつかし亭も森崎先生から多くのご指導をいただきました。すでに掲載されている先輩のHPに比較するとスタートしてまだ3カ月の、なつかし亭HPは多くの欠点が目立ちます。森崎代表の励ましと今後の期待を込めての今回の登録と考え、これからもHP作りに精進します。大変ありがとうございました。(平成23年8月24日)


なつかし亭紙芝居巡業日記

平成25年12月15日から「巡業日記ブログ」にアクセスカウンターが付きました。開始から半年後のカウントスタートです!!トップページのアクセス数以外に直接、巡業日記だけを見てくださる方のカウントです。ありがとうございます!