画像の説明

紫陽花の 紫の濃き今朝の雨     島方 峰庵 


 桜からアジサイにめまぐるしく季節が変化します。季節に合わせて時代も、少しづつ足早に駆け抜けていきます。5年前の5月下旬、自宅で逝去した父の出棺を見送ったのは雨に映える”紫陽花”でした。雨を含んだ風が梅雨を運び、やがて初夏の日差しは私達を厳しい夏へと誘うことでしょう。肌を焼く暑さにも”まあ、いいか!夏も楽しい!”と言葉にしてみます。亡き父がそうであったように、”従容”とすべてを受け入れる。できそうでできない、でもそうすることで心は新しい”化学反応”を起こします。はるかな道の先のほのかな光、ホタル火のようなやさしい光の先。そこで、きっと輝くまぶしい光芒に出会う、ひそやかな希望と決意とともに六月に向かいます。


   紫陽花のいろ移ろいし あしたかな     猪俣 洋子


   ひたすらに雨に打たれし七変化       小長井 井蛙


   あじさいや あしたのために靴みがく    福留 むつ


   紫陽花を青を信じて 八十路来る       坂井 美恵子  

 

 無我夢中で走り出した4月。そして春の嬉しさに少しだけ気を許して、ふと足元の薄闇に足を取られた自分に気が付いた5月。今、実感のある一歩が踏み出せる六月かもしれません。梅雨も嬉しいです。意外に梅雨に似合うものの一つが万年筆。湿気のためかインクが紙になじみます。昨年秋にイタリア・デルタ社の万年筆を買いました。地中海の太陽のように輝くオレンジの軸が嬉しく、しばらく枕元に置いてやすみました。家族は、”全く、こどもみたいねェ~”と。その後デルタ社は倒産し、価格は高騰して私には入手できなかったと思います。梅雨も、嬉しい季節です。


   六月の万年筆の におひかな        千葉 皓史


   傘一本 重荷の余生梅雨に入る       守田 椰子夫


   古道具 潔く捨て梅雨に入る        森 かつ子


  

 いよいよ夏の雲の出番です。積乱雲、積雲・・。いつも前かがみで猫背のオジサンも、梅雨の合間にのぞく夏空には空を見上げてみます。サァ!出番です。街頭紙芝居は、今ではほとんどの演者、お客様そして演目の紙芝居が滅失して、その多くは雲流れる果てにおわします。梅雨が明け、夏空の下の緑陰でカチ、カチ、カチ~。拍子木が響く時、時代を越えて消えていった多くの関係者、お客様、先達たち。その方々に感謝で街頭紙芝居を始めます!


   西郷の銅像の上 夏の雲           寺内 やすお


   父の背の 遠くなりたる雲の峰      天野 久子


  

画像の説明



街頭紙芝居”鷲塚コレクション”が「横浜市有形民俗文化財」に指定。時代を越えて大切に継承させていただきます!

画像の説明

横浜歴史博物館には”横浜最後の街頭紙芝居師”といわれた故・鷲塚隆さんが寄贈された”街頭紙芝居”253巻と”自転車舞台他”の貴重な資料が市民の財産として、保存されています。それらが平成27年11月13日、横浜市有形文化財に指定されました。全国でも数少ない紙芝居遺産の快挙です。加えて、貴重な紙芝居のレプリカを作り市民に公開・上演することで保存している施設はこの横浜以外にないと伺います。関係者の皆様の尽力に心から感謝いいたします。鷲塚さんから「金儲けに使ってはいけないよ」「世のために人のために使って」と電話で、私の紙芝居利用を許諾していただいた時のことは、忘れられません。感謝で、感謝で次代の横浜市民に継承させていただきます。



画像の説明

         


トップの記事をスクロールしてご覧ください!




 紙芝居なつかし亭の世界へご案内


なつかしい時代の風をお届け

 
今から半世紀以上も前”昭和”の時代。お金やモノは豊かではなかったけれど、こころはいつも、あたたかった。そんな時に子ども達の歓声に混じって聞こえてくる拍子木の音。カチ、カチ、カチーン・・。街頭紙芝居のオジサンのあの声、あの紙芝居。さあ、なつかしい紙芝居の世界にご案内します



夕焼け.jpg

    夢は壊れて 夢と知り

 
    愛は破れて 愛と知り

 
    時は流れて 時と知り

 
    友は別れて 友と知り

           阿久 悠



なつかし亭HPが全国の「QHM100選」に登録!! 

 全国のQHMソフトで制作したホームページの中から100本のHPを選定した「QHM100選」に平成23年8月16日に、なつかし亭のHPが登録されました。評価・選定してサイトに掲載し、その後の管理をされているのは「千葉県柏市藤心(ふじこころ)パソコン倶楽部」(http://fujigopc.chu.jp)代表森崎さん。いち早くQHMの操作性と手軽さに注目して全国に普及するため「パソコン倶楽部」のネットワークを組織して、地域はもとより多様な分野でHP制作の支援を行っています。「QHM100選」もそのボランタリーな活動のひとつ。なつかし亭も森崎先生から多くのご指導をいただきました。すでに掲載されている先輩のHPに比較するとスタートしてまだ3カ月の、なつかし亭HPは多くの欠点が目立ちます。森崎代表の励ましと今後の期待を込めての今回の登録と考え、これからもHP作りに精進します。大変ありがとうございました。(平成23年8月24日)


なつかし亭紙芝居巡業日記

平成25年12月15日から「巡業日記ブログ」にアクセスカウンターが付きました。開始から半年後のカウントスタートです!!トップページのアクセス数以外に直接、巡業日記だけを見てくださる方のカウントです。ありがとうございます!