画像の説明


おおけなく 憂き世の民に おおうかな わが立つ杣(そま)に すみぞめの袖(前大僧正慈円)


新年に”百人一首”をすると必ず取りたい札があった。一つは“ももしきや”で始まる順徳院の歌。祖父の愛用していた”ラクダの股引(モモヒキ)”が連想されて子ども心がくすぐられた。少し年を重ねて上記の歌にも心ひかれるようになった。「力も学問も足りないお恥ずかしい自分だが、苦しむ世の人々を自分の粗末な僧衣でくるんであげたいのだ。山深いこの修行の場から娑婆の世界に向かっていざ立たん!」。”青年は荒野を目指す!”そんなイメージが重なっていた。それは今でも自身の心の中に小さな灯火をもやし続けている。


六月を 奇麗な風の 吹くことよ      正岡 子規


たちまちに 富士吞み込みし 雲の峰    須藤 常央


紫陽花の いろ移ろひし あしたかな    猪俣 洋子


あじさいや あしたのための 靴みがく   福留 ムツ


世を隔て 人を隔てて 梅雨に入る     高野 素十   


そのささやかな夢を6年前から果たすことが出来た。1週間に3回ほど不定期だが、とある法人でさまざまな人生の悩みや苦労する方々の声を聴き、思いを通わせる活動だ。人生相談のような気休めや息抜きではなく、またおしゃべりや雑談でもない不思議なご奉仕。その日程の合間の紙芝居だ。ひっきょう、以前に比べると紙芝居の回数は少なくなり”全国北から南へ”というのも笑い話になっている。「オイ!この頃、全国北から南はどうした!」「はい!北は北千住、南は南千住と駆け回っています!」「ははは、駅ひと駅じゃねか!」。それは冗談ですが、足立区内の大衆浴場巡りの紙芝居は、続けています。


美しき国 遠のく気配 梅雨に入る        丸木 美津子


梅雨寒の 濡れし地下足袋 けふもはく      村井 一露


傘一本 重荷の余生 梅雨に入る         守田 椰子夫
 
 


吉右衛門 大見得切って 梅雨に入る       松原 豊


入梅や 蟹かけ歩く 大座敷           一茶

それでも梅雨の晴れ間の、久しぶりの街頭紙芝居はいい。高齢のご夫婦、年を重ねた旧友の同期会、障害のある家族のリハビリや外出。街の喧騒一つ一つにかけがえのない大切なドラマが見える。丁度電車の車窓から流れていく景色を眺めているようで心がときめく。紙芝居は見られるモノだけど、紙芝居オジサンにはいろいろなモノがみい~んな見えるよ。だから楽しい!梅雨が明ければもうすぐ夏だ。


野菜篭 いっぱいの夏 届きけり        安藤 清美


君五歳 うらもおもても 空も夏        中原 幸子


つまずいて ころんで 夏がきておりぬ     笠原 とも子


画像の説明



街頭紙芝居”鷲塚コレクション”が「横浜市有形民俗文化財」に指定。時代を越えて大切に継承させていただきます!

画像の説明

横浜歴史博物館には”横浜最後の街頭紙芝居師”といわれた故・鷲塚隆さんが寄贈された”街頭紙芝居”253巻と”自転車舞台他”の貴重な資料が市民の財産として、保存されています。それらが平成27年11月13日、横浜市有形文化財に指定されました。全国でも数少ない紙芝居遺産の快挙です。加えて、貴重な紙芝居のレプリカを作り市民に公開・上演することで保存している施設はこの横浜以外にないと伺います。関係者の皆様の尽力に心から感謝いいたします。鷲塚さんから「金儲けに使ってはいけないよ」「世のために人のために使って」と電話で、私の紙芝居利用を許諾していただいた時のことは、忘れられません。感謝で、感謝で次代の横浜市民に継承させていただきます。



画像の説明

         


トップの記事をスクロールしてご覧ください!




 紙芝居なつかし亭の世界へご案内


なつかしい時代の風をお届け

 
今から半世紀以上も前”昭和”の時代。お金やモノは豊かではなかったけれど、こころはいつも、あたたかった。そんな時に子ども達の歓声に混じって聞こえてくる拍子木の音。カチ、カチ、カチーン・・。街頭紙芝居のオジサンのあの声、あの紙芝居。さあ、なつかしい紙芝居の世界にご案内します



夕焼け.jpg

    夢は壊れて 夢と知り

 
    愛は破れて 愛と知り

 
    時は流れて 時と知り

 
    友は別れて 友と知り

           阿久 悠



なつかし亭HPが全国の「QHM100選」に登録!! 

 全国のQHMソフトで制作したホームページの中から100本のHPを選定した「QHM100選」に平成23年8月16日に、なつかし亭のHPが登録されました。評価・選定してサイトに掲載し、その後の管理をされているのは「千葉県柏市藤心(ふじこころ)パソコン倶楽部」(http://fujigopc.chu.jp)代表森崎さん。いち早くQHMの操作性と手軽さに注目して全国に普及するため「パソコン倶楽部」のネットワークを組織して、地域はもとより多様な分野でHP制作の支援を行っています。「QHM100選」もそのボランタリーな活動のひとつ。なつかし亭も森崎先生から多くのご指導をいただきました。すでに掲載されている先輩のHPに比較するとスタートしてまだ3カ月の、なつかし亭HPは多くの欠点が目立ちます。森崎代表の励ましと今後の期待を込めての今回の登録と考え、これからもHP作りに精進します。大変ありがとうございました。(平成23年8月24日)


なつかし亭紙芝居巡業日記

平成25年12月15日から「巡業日記ブログ」にアクセスカウンターが付きました。開始から半年後のカウントスタートです!!トップページのアクセス数以外に直接、巡業日記だけを見てくださる方のカウントです。ありがとうございます!